著作物って?

著作物って?

 

『思想又は感情を創作的に表現したものであって、

文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの』

です。

著作物と認められるためには

思想や感情を表現したものが著作物の保護の対象

1、思想・感情の表現であること

 

→思想や感情を表現したものは著作物となり保護の対象となります。

  しかし、思想や感情そのものは保護されません。

2.創作的に表現されたものであること

 

事実の伝達等は入りません。

3.外部に表現したものであること

 

→頭の中で想像しているだけ、アイデアをあたためているだけ等では保護されません。

何らかの表現が必要です。

4.文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものであること

 

工業製品等は除かれることになります。

 コンピューター・プログラムについては著作物として認められます。

であることが必要です。

この条件をクリアして、著作物性が認められます。

著作物の種別

著作物の具体例

 

著作物の種別としては

①言語の著作物②音楽の著作物③舞踊又は無言劇の著作物

④美術の著作物⑤建築の著作物⑥地図又は学術的な性質を有する図形の著作物

⑦映画の著作物⑧写真の著作物⑨プログラムの著作物

⑩二次的著作物⑪編集著作物⑫データベースの著作物⑬共同著作物

 

が規定されています。

 

一般的な著作物

著作物の具体例

二次的著作物

 

原作の著作物を翻訳、編曲、脚色、映画化等したものです。

二次的著作物は独立した著作物として保護されます。

しかし、二次的著作物を創作する際には、原作の著作者の了解が必要です。

二次的著作物創作の際には原作の著作者の了解が必要

 

 

二次的著作物利用時には原作の著作者の了解も必要

また、二次的著作物を利用する際には、二次的著作物の著作者+原作の著作者の双方の了解が必要です。

共同著作物

 

2人以上の者が共同して創作した著作物で、各人の寄与を分離しては、個別に利用できないものを指します。

編集著作物

 

個々の著作物の選択・配列方法に創作性を有するものです。

百科事典・辞書・新聞・雑誌・詩集等が挙げられます。

 

電話帳の例

職業別は編集著作物に該当しますが、50音別は機械的なため編集著作物に該当しないと解されます。

データベースの著作物

 

『論文、数値、図形その他の情報の集合物』+『それらの情報を電子計算機を用いて

検索できるように体系的に構成したもの』です。

 

データ自体は保護されませんが、データベースは情報の選択・体系的な構成によって

創作性があり、著作物に該当します。

著作権の保護の対象にならない著作物

 

憲法その他の法令、国又は地方公共団体の告示、裁判所の判決など、法令や判決などの翻訳物や編集物などは保護対象から除外されます(著作権法第13条)。

著作権の保護の対象としてしまうと、広く国民に知ってもらいたいたいという当該著作物の趣旨にそぐわなくなるためです。

→但し、国等が作成するデータベースは、権利の目的となります(著作権法13条4号の編集物からデータベースに該当するものが除外されているからです)。

 

著作権の権利の対象とならない著作物